意外?実は使用済みでも売れるんです!

使用済み切手でも売れる理由は?

使用済み切手は、立派なコレクション・アイテムです。使用済み切手を専門に集めている人もいるくらいです。使用済み切手は、未使用切手と違って独自性があり、消印の違いにより同じものがありません。独自性の高いコレクションを作ろうと思えば、使用済み切手を組み込む必要があるのです。
専門的なコレクションであれば、郵便に実際に使われた使用例として、使用済み切手をコレクションに組み込むのが普通です。ただし、どんな使用済みでも良いわけではなく、使用例として示すにふさわしいものでなければなりません。それには、消印が切手の中央に押されている満月印であり、消印自体に珍しさや特別さがあり、できるなら古封筒に貼られたままの状態であることが望ましく、様々な条件を満たしたものが求められます。

封筒から切手を剥がしては駄目!

郵便に使用した古封筒があり、そこに切手が貼ってあれば、無闇に切手だけを切り取ったり剥がし取ったりしないようにして下さい。葉書も同様です。この種の古封筒は、エンタイアと呼ばれていて、単片の使用済み切手より高く評価されます。極めて珍しいエンタイアとしての価値があったのに、切り取ったり剥がし取ったりして単片の使用済み切手にすることで、価値が激減することが少なくありません。
古い時代のエンタイアほど貴重で、希少な使用例となる特別なものであれば、驚くほどの高額で評価されます。そのようなエンタイアは、さすがに少ないのですが、比較的ありふれた切手でも、エンタイアとしてプレミアムが付くことがあります。書留や速達や特別扱いの郵便物、あるいは外国向けの郵便物などでは、高評価となるものもあります。

© Copyright Retention Time. All Rights Reserved.