眠ってる切手がありませんか?

高額な価値がつく切手の特徴

私たちが日頃使っている切手は、額面どうりの価値しかないわけではありません。切手の中には高額で取引され、オークションに出店されるレア切手が存在します。それを知らずに使ってしまうと、思わぬ損をしてしまうことになってしまうので、高額価値がつく切手の特徴を把握しておく必要があります。
ポイントとなるのは、印刷数とプレミアム度です。郵便局でいつでも購入出来る通常切手以外に、特別な記念切手がありますよね。イベントや記念日などに期間限定で発売される切手の部類です。さらに、数量限定で発売されるものはさらにプレミアム度が高くなります。このような切手は将来、そのプレミアム度が付加価値となり、額面以上の価格がつくことがあります。

通常な切手の中に眠るお宝切手

高額の付加価値がつくのは特別切手だけとは限りません。通常の切手の中にもレアな切手が存在します。
切手を製造する過程で、非常に稀ではありますがミスプリントが起こることがあります。本来、そのようなミス切手はチェック機関で回収され、流通することはありません。しかし、誤って出回る可能性もゼロではないのです。
このミス切手は収集家の間でとても高額で取引される可能性が高いので、自分が持っている切手をチェックしてみる価値は十分にありますよ。慎重にチェックしないと見過ごしてしまうようなミスプリントもあるので、誤って使わないようにして下さい。
このような切手が額面以上の価値を与えるキーポイントになります。自宅に眠っている切手の中からこのような切手が見つかった場合は、1度、買取専門店に無料査定を依頼してみて下さい。

© Copyright Retention Time. All Rights Reserved.