気をつけて!切手の保管方法

実は価値がある切手!保管方法を誤ると大変なことに

祖父の趣味が切手収集だったという方もいるのではないでしょうか?趣味だった本人であれば、切手の保管方法ももちろん知っているのでしょうが、それを譲り受けた人は「切手なんてタンスにでもしまっておけばいい」とそのまま収納していることもあるようです。でも、これってかなりもったいないです。というのも、切手の中には非常に価値が高い物があるからです。どんな物にでもコレクターっていますからね。珍しい切手には買い手がいるんです。
では、いざ切手を売ろうとなった時に後悔しないようにするため、保管方法について紹介します。しっかり保管して、綺麗な状態を保つようにしましょう。そうしないと、カビが生えて変な臭いがするようになってしまいますよ。

切手はどうやって保存すれば良いのか

切手は湿気に弱いです。そのため、まずは湿気をなるべく避けることが重要です。そして、そのままタンスや収納に入れるというのももってのほかです。切手は1枚1枚が薄く小さいので、そんな収納方法をとると紛失してしまいますし、失くさなくても折れたり破れてしまうかもしれません。そのため、缶やプラスチックケース、カードホルダーなどにしまっておくことが多いです。専用の切手ケースもあり、安価で購入できるため、使ってみてはいかかでしょうか?また、切手を収納ケースから出す際にも、破れてしなわないように、切手用のピンセットを使うのがおすすめです。これは先端が丸くなっており、切手を傷つけないという優れもの。ピンセットも専用の物以外は使わない方が良いでしょう。ドラッグストアで売っているものは先端が尖っているので、切手を傷つける心配があります。
切手は価値がある物も多いですから、きちんと管理して売り時を待ちたいですね。

© Copyright Retention Time. All Rights Reserved.